トップ >> 求人活動で大切なこと

成功への道の情報

自分の経験を求人活動に活かす

求人活動で失敗しないためには、自分が何を経験して、何を感じてきたかということを知ることが大切です。次の会社で採用してもらって、その会社で何ができるのか。それを知るためには過去に経験してきたかを振り返ることが大切なのです。自分で勝手に決めつけてかってに判断してしまわないためにも、実際に経験してきたことを思い出すのです。これで、「自分にはこんなことができるんだ」という根拠ができるわけです。その経験はむだじゃなかったという自信も生まれるでしょう。自分が果たしてきた責任と問題に対する解決の姿勢をアピールすることが求人活動において重要なのです。

前向きな理由が求人活動に必要

転職するには、前向きな理由がないとうまくいきません。モチベーションが高まってしまって、前の会社ではそれが実現できないから、新しい会社でそれを実現したいというのが理想の転職理由です。そのため、求人活動においては新しい会社に何をもとめるのかがとても重要となります。求める内容は具体的であることが必要です。しかし、構わず本音をなんでもかんでも解禁してしまうのはNGです。本音を何でもかんでも明かしてしまうと、「うちの会社でも前の会社と同じことがあったらやめてしまいかねない」と判断されてしまったら採用してはもらえません。このことから求人活動には前向きな理由が必要なのです。