トップ >> 求人への応募と面接のこと

成功への道の情報

求人への応募と面接の際の注意点

求人に応募したら、面接は避けて通れません。面接は評価をしてもらいに行くのではありません。評価されるという感覚をもつだけで、人間は萎縮してしまいます。面接とは自分という商品のセールスに行くようなものです。こんなすてきな商品なのですから、ぜひ購入してください!と伝えに行くのです。自分が安心して働く事ができる会社に採用してもらえるように、自分自身のセールスポイントをしっかり考えましょう。セールスですので、その回数を重ねれば重ねるほど、セールストークは上手になってゆきます。第一希望の求人に応募する前にいくつかの企業に応募し、面接を受けておく良いでしょう。

求人応募での面接は具体的に

前に勤めていた会社の規模や知名度は気にすることはありません。求人に応募して、面接などでアピールすべきことは自分がやってきた仕事の内容なのです。自分自身がどんな部分で人よりも優れているのかを、どんなに小さなことでも良いので拾い出してみましょう。その場合にも、具体的なエピソードで拾い出すことが重要です。自分では「こんな仕事全然たいしたことない。」なんて考えるのはやめましょう。それがたいしたことかたいしたことじゃないかはあなたではなく、面接の担当者です。自分にとってたいしたことじゃなくても、相手にとってみたらたいしたことかもしれません。求人に応募する際にはこの認識が必要です。